コンサルタント紹介
船井上海コンサルタント

  • 船井(上海)商務信息咨询有限公司 総経理


    米国系の大手消費財メーカー(翻訳するなら、宝洁公司)を経て、1998年に船井総合研究所に入社。

     前職の経験を活かして、米国、中国をはじめとした海外分野でのコンサルティングを展開。

     中国ビジネスに関しては、2000年代に入り日本企業が中国事業で成功するための戦略策定コンサルティングや、中国での会社設立支援に多数の実績がある。

     船井総合研究所が中国事業を展開するために、現地法人設立を提案し、その実務的責任者として活動。

     2012年に上海に中国コンサルティング事業を展開する船井(上海)商务信息咨询有限公司を設立。現地法人設立後は総経理に就任。 


  • 船井(上海)飲食コンサルティング事業開拓人 

    船井(上海)飲食経営者研究会  DISC認定者資格

     

    中国遼寧省に生まれ、2003年日本東京留学。

    日本政府奨学生として早稲田大学大学院に卒業。卒業後に中国人初の新卒コンサルタントとして、10000人の学生応募者から船井総研に採用された。

    入社以来、飲食業を専攻し、コンサルティング活動をしている。

    中国ローカル飲食チェーンと中国における日系飲食チェーンの増収増益にサポートしている。

    クライアントのなかに、年商600億円の中国企業や日本で400店舗展開の日系上場企業から、5店舗展開の中小企業まで、この3年で68社を支援。

    前会長著作『船井流マーケティングの真髄NO.1店原理原則』を精選し、中国でも通用するノウハウを『2011船井総研B2C事業』に収録し、販売されている。

    強い項:業態ブラッシュアップ、新業態開発




  • 立命館アジア太平洋大学卒業。2016年に船井上海に飲食コンサルタントとして入社。入社前に数年ほど飲食業の現場経験あり。 

    船井総研のグレードの一つとして、現場に全ての答えがあるという言葉を信条にし、自分の経験を活かしながらコンサル業務を取り組んでいる。 

    店舗現場改善、QSC向上、生産性向上に強い。現在は多くの中国飲食大手チェーンの現場改善をサポートしている。




  • 上海外国語大学卒業、新卒として船井上海入社。 

    入社以来、大手外食企業の現状診断、繁盛店調査、特に、商品及びメニュー開発、新業態開発をメインテーマとして磨き続けている。  

    単なるコンサルタントだけでなく、「志は大きくとも、小さなところから始めよう」をモットーに明日から、力相応にお客様の仲間としてサポートしている。


合計4
ページ:1/1
ページ:10
1
法的通知  |  個人情報保護方針  |  お問い合わせ
版权所有:船井(上海)商务信息咨询有限公司 All Rights Reserved

沪公网安备 31010502001668号